新着記事
☆☆ 毎日が楽しくなるおケイコを探そう! ケイコとマナブ.net ☆☆

2006年11月26日

数独にはずいぶんと自信がつきました

数独がずいぶん出来るようになりました。
やり方がだいたい分かって来たので、
簡単な問題だと5分もかからずに出来るようになりました。

最近は暇を見つけて、朝・昼・晩的に数独にチャレンジしています。
半ば習慣化してしまいました。

今は、数独が出来るかどうかではなくて、
いかに短時間で完了するかというチャレンジをしています。

数独パズルのエレクトリック数並べゲームiconは、
頭のトレーニングになるという期待感もあるし、
数独自体はゲームとして面白くて飽きないので、
これからずっと長く使える便利グッズといえるでしょう。

数独は新聞などのゲーム欄にも多く載るようになっていますが、
数独マシンのエレクトリック数並べゲームiconは、
数独問題にいつでもチャレンジできるから便利です。
100万通りの問題が内臓されています!!・・・との事です。
posted by さくら at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

やっぱりニュー・スーパーマリオブラザーズ

ニュー・スーパーマリオブラザーズは、
やはり家族中が楽しめるタイプの楽しいゲームです。
このようなシンプルで奥深いソフトは、飽きないし楽しいですね。


マリオというキャラクターは見ているだけでも楽しいし、
ゲームを彩る、マリオブラザーズ効果音には心も躍ります。

ほんとうに不思議なゲームです。


そして、思わず買ってしまい、ビックリするのが、
ファミコン サウンドヒストリーシリーズ「マリオ ザ ミュージック」
このCDは、マリオの7つのゲーム・ミュージックを収録したCDで、
まさに泣く子も黙るCDだと思います。

大人でもこの音楽が始まると心が踊るし、癒し効果も実感します。



ニュー・スーパーマリオブラザーズにしても
ファミコン サウンドヒストリーシリーズ「マリオ ザ ミュージック」
にしても、お子ちゃまはもちろん大人もが楽しめるという、
家族中が楽しめる不思議な世界を作り出す感じがします。

セットで持っていると絶対良いです。

posted by さくら at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

お茶犬 「ほっ」とものがたり

お茶犬「ほっ」とものがたりは、
お茶から生まれた癒し系キャラクターお茶犬のアニメ。

お子ちゃまにプレゼントするとよろこばれるでしょう。
お子ちゃま用だけれど、おとな側はとても癒されると思います。


お茶犬〜「ほっ」とものがたり〜主題歌 お茶犬☆ロック
おもわず笑えてしまいます。

posted by さくら at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒しのわん・にゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

夏川りみさんの「さようなら ありがとう」に感動して

夏川りみさんの「さようなら ありがとう〜天の風〜」は、
聴けば聴くほど素晴らしいです。

夏川りみオフィシャルサイトで、夏川りみさんご自身が、「・・・
いい歌なのでたくさんの人に届けたいと思っています。・・・」と
言っています。 夏川りみオフィシャルサイトは ここ です。

ゆったりとしたリズムの中に、包むようなやさしく豊かな歌声、
さすがは夏川りみさんです。

「さようなら ありがとう〜天の風〜」は、こころに沁みて、
ほんとうに素晴らしくて・・・感動しました。





配信楽曲数100万曲以上!試聴も無料で聴き放題!

【OnGen USEN MUSIC SERVER】
posted by さくら at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージック・映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

荘厳なクリスマスコンサートのアルバム

クリスマスを荘厳な雰囲気で味わうならば、このCDでしょう。
Holy〜ザ・ベスト・オブ・ヴァチカン・クリスマスコンサート〜
クリスマスに欠かせない曲を世界的なスーパースターが競演した
聴き応え十分のアルバムです。

これは、イタリアのローマ市内にある世界最小の主権国家の、
バチカン(ヴァチカン)市国主催のアルバムでもあり、
クリスマスコンサートのアルバムとして持っておきたいものです。

本場のクリスマスを厳粛なムードで過ごす気持ちに浸れます。
さすがにローマ・カトリック教会の中心地のバチカン市国
主催のクリスマスコンサート・アルバムだと言えます。


関連記事: サンタの国、フィンランドのクリスマス
posted by さくら at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージック・映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

南極観測隊に同行した初の女性新聞記者による南極レポートを楽しむ

2006年は日本の南極観測50周年です。
1983年から活躍している南極観測船「しらせ」が老朽化し、
2009年には後継船が就航するとのことです。

南極はとても遠い極寒の地だし、途中の大荒れの海の航海を
考えれば、居ながらにして出来るバーチャル観光旅行が良いかも。

一度行ってみたい南極に海外旅行した気持ちになるなら、
第45次観測隊に同行した女性新聞記者の中山由美さんの
こちら南極ただいまマイナス60度―越冬460日のホワイトメール
でしょう。

女性新聞記者による1年4ヶ月に及ぶ同行リポート日誌で、
これを自分が書いていると思って感情移入して読めば、
書かれた内容をより深く楽しめると思います。


関連記事の「南極の事をもっと知りたいなら」についても
よろしければご覧下さい。
posted by さくら at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

南極の事をもっと知りたいなら

2006年は日本の南極地域観測50周年です。
地球環境破壊が進んでいることは、南極の棚氷の崩壊が加速して
いるとか、南極上空のオゾンホールが拡大しているなどの報道で
知っていますが、そのほかの事は実際にはあまり知りません。

* 南極の事を調べると、将来どのような役に立つのでしょうか?
* 日本は南極観測基地を、いくつ所有しているのでしょうか?

* 南極に、地球に存在する氷のうちの何%があるのでしょうか?
* 日本の観測基地の年間平均気温は、零下何℃なのでしょうか?

これ以外に、ペンギンやオーロラ等についての疑問等も考えて、
南極について本で調べたり映像で見てみると楽しいでしょう。
国立極地研究所が監修した南極大図鑑 なら、豊富な情報記事と
50分のDVDの映像もあるので最適だと思います。

南極にも地球環境破壊が及んでいて、以前に、
南極がこわれる」を読んで強いショックを感じました。
宜しければ、ここをクリックしてご覧下さい。
南極をいつまでもキレイなままにしておきたいと思いました。

南極に、海外旅行として行ってみたい気もするけれど、
南極のためにそして地球環境破壊の事も考えて、
DVD本の南極大図鑑 で、
バーチャル観光旅行をすればいいのかも知れません。



次は、先ほどの疑問の回答例です。

*地球の現在そして過去の理解が深まり、未来をより正確に
 予測できるようになるので、地球環境問題に対する
 適切な対応を考え実行することも出来るようになります。
*昭和基地・あすか基地・みずほ基地・ドームふじ基地の
 4つの観測基地があります。

*90%です。
*国立極地研究所の情報によると、各基地の年平均気温は、
 ドームふじ基地で -54.3℃、みずほ基地で -32.5℃、
 あすか基地で -18.3℃、昭和基地で -10.5℃
 という記録があります。

南極の航空写真についてはGoogle Earthでご覧下さい。
Google Earthについては、「Google Earthで、バーチャル
世界観光旅行がますます楽しく」の記事
もご覧下さい。
posted by さくら at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

数独を5問もやってしまいました

数独で脳を鍛えながら楽しむのは、テレビをかけずに済むので、
なかなか良い事なのかもしれません。 数独パズルをするほど
暇ではなかったのですが、その数独を5問もやってしまいました。

5問目はなかなか出来なくて、紙に写して・・・クリアしました。

食事時間がずれ込んでいつもとリズムがチョット狂いましたが、
充分に頭の体操になったようです。
大分上手くなったので、また明日もチャレンジ・・・。

数独パズルのエレクトリック数並べゲームiconには、
100万通りの問題が内臓されています!!

手軽で便利で本格的な数独パズル機です。

iconicon
posted by さくら at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

サンタの国、フィンランドのクリスマス

サンタクロースの国として知られるフィンランドの
クリスマスとサンタクロースについて、
チョット見てみませんか?

日本でのようなクリスマスではないようです。

クリスマスはフィンランドの1番の行事で、サンタクロースや
クリスマスの食卓などについてもよく分かります。
きれいな写真がとてもキレイです。

フィンランド政府観光局のからの情報で、
HPのここをクリックすればOKです。

フィンランドへ旅行してクリスマスを味わってみたいですね。
posted by さくら at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | トリビア大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。