新着記事
☆☆ 毎日が楽しくなるおケイコを探そう! ケイコとマナブ.net ☆☆

2007年02月21日

人は極限状態に追い詰められると如何に行動するのでしょうか?

八甲田山でスキー客17人とガイド5人の計22人が
雪崩に巻き込まれ、2人が死亡し・・・という
スキー客の雪崩遭難事故では、自然の圧倒的な力と共に、
雪山の恐ろしさと状況判断の難しさとを再認識しました。


起こりうる危機を未然に回避する為の知恵を、
次のような書物が教えてくれるように思います。

もちろん、山岳事故に限らず、・・・。

書物がもつ大きな力を感じます。


人は極限状態に追い詰められると如何に行動するのでしょう?

新田次郎の小説の 「八甲田山死の彷徨」 では
雪山がもつ恐ろしさ、人の判断を狂わせる幾つもの要因、
追い詰められた時の人のとる色々な行動などを
迫力あるリアルなタッチで書き上げ、
次々と起こる状況変化の恐ろしさと人間の限界を示しています。


人は極限状態に追い詰められると如何に行動するのでしょう?

「死のクレバス―アンデス氷壁の遭難」 は、

「難しい氷壁初登攀の成功から一転して骨折,墜落,宙づり,
パートナーによるザイルの切断という絶望的な状況に・・・
いかにして「死のクレバス」から生還したのか.
孤独と不安,パートナーへの猜疑,死への恐怖など,
極限状況における人間内部の葛藤と傷ついた肉体との格闘を
克明に記した,迫真の山岳ノンフィクション文学」です。
              (出版社/著者からの内容紹介)


人は極限状態に追い詰められると如何に行動するのでしょう?

「山岳遭難の構図―すべての事故には理由がある」 は、

日本山岳協会遭難対策常任委員を経験する著者が、
豊富な事故のデーターに基づいて纏めた本です。
第1部 データーが語る山岳遭難事故の諸相
− その特徴と問題点
第2部 道迷い事故を減らすために
− その要因と対処法の提案


 ISBN: 9784101122144
 ISBN: 9784006020224
 ISBN: 9784808308612

posted by さくら at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

南極観測隊に同行した初の女性新聞記者による南極レポートを楽しむ

2006年は日本の南極観測50周年です。
1983年から活躍している南極観測船「しらせ」が老朽化し、
2009年には後継船が就航するとのことです。

南極はとても遠い極寒の地だし、途中の大荒れの海の航海を
考えれば、居ながらにして出来るバーチャル観光旅行が良いかも。

一度行ってみたい南極に海外旅行した気持ちになるなら、
第45次観測隊に同行した女性新聞記者の中山由美さんの
こちら南極ただいまマイナス60度―越冬460日のホワイトメール
でしょう。

女性新聞記者による1年4ヶ月に及ぶ同行リポート日誌で、
これを自分が書いていると思って感情移入して読めば、
書かれた内容をより深く楽しめると思います。


関連記事の「南極の事をもっと知りたいなら」についても
よろしければご覧下さい。
posted by さくら at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

南極の事をもっと知りたいなら

2006年は日本の南極地域観測50周年です。
地球環境破壊が進んでいることは、南極の棚氷の崩壊が加速して
いるとか、南極上空のオゾンホールが拡大しているなどの報道で
知っていますが、そのほかの事は実際にはあまり知りません。

* 南極の事を調べると、将来どのような役に立つのでしょうか?
* 日本は南極観測基地を、いくつ所有しているのでしょうか?

* 南極に、地球に存在する氷のうちの何%があるのでしょうか?
* 日本の観測基地の年間平均気温は、零下何℃なのでしょうか?

これ以外に、ペンギンやオーロラ等についての疑問等も考えて、
南極について本で調べたり映像で見てみると楽しいでしょう。
国立極地研究所が監修した南極大図鑑 なら、豊富な情報記事と
50分のDVDの映像もあるので最適だと思います。

南極にも地球環境破壊が及んでいて、以前に、
南極がこわれる」を読んで強いショックを感じました。
宜しければ、ここをクリックしてご覧下さい。
南極をいつまでもキレイなままにしておきたいと思いました。

南極に、海外旅行として行ってみたい気もするけれど、
南極のためにそして地球環境破壊の事も考えて、
DVD本の南極大図鑑 で、
バーチャル観光旅行をすればいいのかも知れません。



次は、先ほどの疑問の回答例です。

*地球の現在そして過去の理解が深まり、未来をより正確に
 予測できるようになるので、地球環境問題に対する
 適切な対応を考え実行することも出来るようになります。
*昭和基地・あすか基地・みずほ基地・ドームふじ基地の
 4つの観測基地があります。

*90%です。
*国立極地研究所の情報によると、各基地の年平均気温は、
 ドームふじ基地で -54.3℃、みずほ基地で -32.5℃、
 あすか基地で -18.3℃、昭和基地で -10.5℃
 という記録があります。

南極の航空写真についてはGoogle Earthでご覧下さい。
Google Earthについては、「Google Earthで、バーチャル
世界観光旅行がますます楽しく」の記事
もご覧下さい。
posted by さくら at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

可愛いにゃんこ写真集「耳折れ兄弟」で癒される

耳折れ兄弟〜アトムとルークのノンキな日常〜 は、
ねこ大好き派でなくても、可愛いかわいい!と夢中になる本です。

飛び跳ねて空中で浮いている時の写真はとてもユーモラス。

にゃんこの顔の表情と動作のコントラストがいいのかな。

思わず目が細くなり心が和み癒されるシナリオ的な写真集。





関連記事:
にゃんこDVDに癒されたいなら
こいぬめくり・こねこめくり ジグソーパズルでこころのバカンスをどうぞ
犬のかわいい撮り方〜プロが教える
posted by さくら at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

犬のかわいい撮り方〜プロが教える

プロが教える 犬のかわいい撮り方は、
犬のかわいい写真をデジカメで撮る方の為の本ですが、
可愛いわんちゃんの写真がいっぱいあります。

デジカメでわんこを少しでも可愛く撮るための、
いろいろなコツ・テクニックをこの本でプロが教えてくれます。

小さな本なので、そのぶんデジカメ撮影でのノウハウが
コンパクトに分かりやすく解説されています。

ちょっとしたアングルや背景の工夫など、やはりプロの目線での
アドバイスはとても大切だと実感しました。
わんちゃんを可愛く撮るなら、是非どうぞ。




わんこの写真集ならこれをご覧下さい。
わんこの写真大集合


posted by さくら at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

綾小路きみまろさんの文庫本で大笑い

綾小路きみまろさんの文庫本で通勤中にでも大笑いできます。

有効期限の過ぎた亭主・賞味期限の切れた女房 (文庫)

こんな女房に誰がした? (文庫)

綾小路きみまろさんの芸を文庫本ではなくCDで楽しむのなら、
ここもご覧下さい。
☆☆ 綾小路きみまろさんのCDで大笑いしませんか ☆☆

綾小路きみまろの、爆笑スーパーライブ第2集!












楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!








posted by さくら at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」が本屋さんで山積みでした

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」が、
本屋さんの新刊書コーナーで山積みでした。
愛と笑と涙で読む、わんちゃんマーリーとある家族のエッセイ。

こういう本を翻訳した翻訳者の古草秀子さんは、
とてもラッキーな方だと思いました。

甘えん坊で食いしん坊でひとを愛する事しか知らないような、
ラブラドール・レトリバーの問題児で自然児のマーリー。

著者ジョン・グローガンさんのブログにマーリーの写真があり、 
マーリーと著者のご家族の写真が全部で14枚載っています。
英語ですが、よろしければご覧下さい。 ここをクリック

関連記事:
愛おしい天真爛漫わんちゃん、世界一おバカなわんちゃんマーリー



posted by さくら at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

愛おしい天真爛漫わんちゃん、世界一おバカなわんちゃんマーリー




マーリーは、世界一おバカなわんちゃん、愛おしい天真爛漫な
わんちゃんでした。 犬の訓練学校から見放されたほどの、
枠に全然はまらない自然児?わんちゃんですから、
どのくらい可愛いかが目に浮かぶようです。

マーリーは著者家族に飼われる為に生まれてきた様なわんこ。

著者夫婦がこれから犬を飼う為にいろいろ探し始めた時でした。
ところが、赤ちゃんわんちゃんとの最初の出会いが運命的な
出会いになり、即決でマーリーは家族の一員になり・・・。

「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」は、
愛と笑と涙・・・、家族の大切な一員になったラブラドール・
レトリバーと著者家族との感動的ノンフィクション・エッセイ。

マーリーは、現在アメリカで大ベストセラーとなっていて、
北米だけで 36版、250万部の大ベストセラーで、
近々、世界25カ国で発売される予定だそうです。

Fox 2000 Picturesで映画化決定だそうです。

日本でも大ベストセラーになると思います。
わんこ・にゃんこ大すきな方には特にお奨めです。

わんちゃんがお好きならここのわんこの写真集もどうぞ。
にゃんこがお好きならここもどうぞ。

関連記事: 「マーリー」で癒しのひとときは如何でしょうか?
posted by さくら at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

「さくら」という、ジーンとくる愛を感じる本はいかが?

さくらは、胸がジーンときてチョット涙ぐむタイプの本です。

五人の家族に次々といろいろな事が起こり、そこにわん子の
サクラがいる、幸せそして不幸・人の絆・愛・・・を巡る物語。

posted by さくら at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

「南極がこわれる」を見て、地球環境破壊の現実にぞっとしました

地球環境破壊の現実を知ると、分かっている
はずなのに、それでも本当に恐ろしく思います。
南極と北極は環境は厳しくても大変きれいなはずですが、
わたしたちが思う以上に環境破壊が進んでいるのですね。

この本「南極がこわれる」(藤原 幸一著) は、
南極のペンギンを通して地球環境破壊の現実を語っています。
きれいなはずの南極、そしてペンギンの現実を伝える写真は、
隠れた真実を恐ろしいくらいの説得力で訴えてきます。

壊れてゆく地球のことを知り、継続的に少しでも地球に
優しい行動をしないとダメだと反省しました。
ぜひご家族で、とくにお子様とご覧下さい。


ところで、南極の反対側の北極でも地球環境破壊が進んでいて、
このままでは白熊が絶滅すると危惧されているそうです。
南極でも北極でも、きっとわたしたちが思う以上に深刻な
地球環境破壊が進んでいるのでしょうね。

皇帝ペンギンの生態をドラマチックに伝える、
すばらしいDVDご家族でもどうぞ。
posted by さくら at 21:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

仮想滞在観光旅行、「ジンバブエの首都・ハラレで暮らす」って

アフリカ南部のジンバブエの首都ハラレ、
そこに一年間滞在なんて私には絶対ありえない。

でも、バーチャル滞在体験なら誰にでも出来ます。
本って、本当にすごいですね。

posted by さくら at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

だギャグに飽きた方は落語をどうぞ

最近すこし寝不足気味、この本読んだらと
思ったけれど、やはり余計に寝不足眠い(睡眠)
でも、駄洒落や駄ギャグではなくて、
ちょっとおしゃれ?な笑いも良いかも。
何故かホッとした気分にも成れましたかわいい


これは、評判が良さそうなので、
次に買おうかと思っている本。
ご参考までにぴかぴか(新しい)
posted by さくら at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

ギャグばかりのユーモアに飽きたら読む本

機知・風刺・ユーモア・皮肉などが
いっぱいの楽しい辞典がありまするんるん
好きなところを選んで読めるし、
おとなのユーモアを堪能できる本です。

単純に面白いだけだったり、笑っていた
自分がいやになるようなギャグばかりの
様なバラエティー番組に飽きたらどうぞ。

憂鬱な気分をちょっと晴らしたい時、
そんな時にも最高な、おとなの常識遊び。
さり気ない中に辛らつな風刺があって、
ふっと笑ったり妙に納得してしまいますグッド(上向き矢印)

A.ビアスの「悪魔の辞典」は、その
題名に「悪魔」が入っていますが、
知る人ぞ知る、有名な本で、一時期、
「冷笑家用語集」となっていた位で、
オカルト本でなく一種の社会批判辞典。
他の本とまとめて揃えると面白いですよひらめき


この本の影響を受けた人は多いでしょう。
A.ビアスによると、
法律家」は、
嘘つきという種族に属し、「法律の網を
くぐる技術に熟達している者
」であり、
たわごと」は、
すばらしい出来映えの本辞典に
たいして唱える異議の数々
」だそうです。

ビジネス分野の風刺を好まれる方には
とくにお勧めの2冊




「諺(ことわざ)」は、その視点を変えて
意味を改めて考えると、新発見がある。
頭の体操のネタの宝庫と言えるでしょう。


たまには、意図的にひねくれてみるのも
思わぬストレス発散になると思いますかわいい
物事を斜めによむワザを身につけたい方に
とくにおすすめですexclamation&question

成長期の子供には読ませたくない本です。
でも、面白い、おもしろ過ぎるかも。
posted by さくら at 16:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。